M T W T F S S
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
 
 
 

高速充電インフラストラクチャと電化都市型 商用車との統合

公募番号識別子:GV-08-2017  
公表日時:2015 年 10 月 14 日  
アクションタイプ: IA イノベーションアクション  
締め切りモデル:単一ステージ  
予定開始日時:2016 年 10 月 4 日  
締め切り:2017 年 2 月 1 日、17 時  
タイムゾーン:(ブリュッセル時間)

公募資料ダウンロード(PDF)

 

具体的課題: 
(バス、バン、中型トラック、ゴミ収集車のような専門トラックを含む)都市部や郊外地域に典型的なさまざまなタイプの輸配送システムの電化は、エネルギー消費量と排出量を削減する特権回路である。  
同時に、大きな夜間充電バッテリーを使用して同等の機能を実現することは、その最大積載量と車両性能(加速と登坂能力など)を損なうことになるだろう。  
したがって、ターミナルもしくは充電/放電スポット、あるいは走行中に、レンジエクステンダーか相当なエネルギー量の高速転送策のいずれかの統合が必要である。 
しかし、送電網から直接巨大な送電を行うのは高価であり、送電網に障害をもたらしてしまう可能性がある。 
さらに、関与するエネルギー貯蔵システムの総エネルギー容量に関する大電力フローは、エネルギー貯蔵システムに対して有害な可能性もある。

そのため、充電スポットやターミナルにおける急速充電のさまざまなオプションはコストや送電網への影響に関して評価、比較される必要がある。 
全体的な課題は、運転手や所有者の快適性、安全性、車両性能に妥協を加えず、ユーザーや顧客への最終コストを増加させることなく、パワートレインやエネルギー貯蔵、想定されたミッションをカバーするのに必 要な充電インフラを考慮に入れた総合的な、エネルギー効率のよい低排出ガス車を設計することである。

 

続きを読む(PDF)