« 「イベント情報」に戻る

EUIJ関西-NECA国際シンポジウム(大阪会場):食の安全を支えるスマートアグリの展望と農業制御技術に関する日欧戦略的協同

Date: 04.02.2015
Date:
2015年2月4日
会場:

大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール(JR 大阪駅/阪急・阪神 梅田駅からタクシー10分、京阪 中之島駅より徒歩5分、阪神 福島駅/JR 新福島駅より徒歩9分)

Access map:
参加費及び参加登録:
定員:150名(先着順)参加費:無料
Language:
日本語および英語(同時通訳つき)
Registration:

参加申し込み方法:お名前(フリガナ)、ご所属、ご連絡先(E-mail等)をそえて、Web申込みフォームまたはFAXにてお申し込みください。申込締切日:2015年1月20日(火)

Webお申込はこちら

Faxお申込はこちら

大阪大学

急速な人口増加による世界的な食糧問題、エネルギー・環境問題が深刻になる中、生産効率向上や事業規模拡大といった農業の工業化が重要となってきており、抜本的な改革による農業の競争力向上と成長産業化が急務となっています。需要者起点の農産物供給と生産性の安定化が課題であり、生産性向上のみならず、環境対策、流通改革などの観点から、次世代農業に適した生産システムや農業制御技術、高付加価値農産物の開発による農業及び関連産業の活性化が必要です。
 本シンポジウムでは、農産先進国オランダより有識者を招き、高生産性農業および環境制御システムの取組み事例、最新技術動向など、オランダの農業状況をご紹介いただくと共に、農水省より農業の成長産業化への施策について、NECA会員企業より制御技術を活用した農業生産システムへの取組みについて講演いただきます。また、EU・日の国際的 連携ならびに今後の方向性について討論し、国際的な枠組強化、ユーザーや産業界の意識の向上を図ります。

プログラム

 総合司会:久保 広正(神戸大学名誉教授、EUIJ関西 特別顧問)

12:30 受付開始
13:00  開会挨拶
長﨑 春樹(日本電気制御機器工業会(NECA)会長)
13:05  開催スピーチ
Ms. Mervi Kahlos (駐日欧州連合代表部 一等書記官)
13:30 The promotion measures of agriculture in the Netherlands and future prospects
Ms. Cindy Heijdra, Agricultural Counsellor, Embassy of the Kingdom of the Netherlands
14:00 Smart greenhouse horticulture – recent developments and perspectives for the future
Mr. Oscar Niezen , Managing Director, CoHort Consulting, The Netherlands
  - 休憩 -
14:45 Current state of modern greenhouse horticulture and necessity of training and consultancy for high producing tomato cultivation systems
Mr. Arco van der Hout (Consultant, GreenQ/DLV Plant , The Netherlands
15:15 情報制御技術を活用した農業生産システムとこれからのフードチェーンへの展望
平山 博之氏(富士電機株式会社 食品流通事業本部 流通システム事業部長、NECA次世代事業WG)
  - 休憩 -
16:00 パネルディスカッション
伊藤 博通、宇野 雄一(神戸大学農学研究科 准教授)
17:00 閉会挨拶
井上 典之(神戸大学理事・副学長、EUIJ関西代表)
Organised by: 

EUインスティテュート関西(EUIJ関西)、(一社)日本電気制御機器工業会(NECA)

Supported by: 駐日欧州連合代表部、農林水産省、日本経済団体連合会、関西経済連合会、大阪商工会議所

Co-organised by: 

 

 

« 「イベント情報」に戻る